スロージギングのアクション(竿の動かし方)

スロージギングのアクション(竿の動かし方)

ジギングロッド

 ここで紹介するのはあくまでも『基本のき』になります。慣れてくるとこれよりもダンゼンやりやすい方法や応用があります。最近は釣り番組などでプロのアクションを見ていると応用した動きの方ばかりです。しかし、全ての基本はここにあると思いますので、紹介してみたいと思います。

ロッドと海水面は平行に。ロッドとラインは90度に。

 まずはベタ凪の海をイメージしてもらい、ロッドと海水面は平行に。さらにロッドとラインの角度を90度にします。海中ではジグが宙ぶらりんに浮いている状態ってことですねー。この状態をジャーク開始前の基本姿勢と考えます。現実では波もあれば、潮の流れや船の流れもありますので、なかなかこうもキレイにはなりませんが・・・汗。

この状態で一気にリールを1回転させる。

 基本姿勢の状態から一気にリールを1回転させ、90cm前後のラインを巻き取り、そこでピタッと静止します。するとジグの重みからロッドがしなりますよね。できるだけ一気にリールを巻き、ロッドが一気にしなるように持って行くようにします(慣れが必要かもしれませんが)。

ロッドの復元力により、最初の状態に戻ろうとします。

 するとロッドの復元力により、最初の状態に戻ろうとします。スロージギングロッドは普通のジギングロッドと異なり、ハリが強いので、この復元力も強く、ジグを一気に持ち上げ&ジグを横に向かせます。

完全に復元した時点からジグが勝手に走り出します。

 スロージギングロッドの強い復元力により、ジグを横に向かせたところで、ロッドが完全に水平に戻ったら、今度はジグに何の力も働かない状態ができ、自然にジグが走ります。このジグの自走を繰り返し、人間の力が直接ジグにかからない状態を作ることが重要だと言われています。そしてテンポよく、また上へと戻りこれを繰り返します。

テンポが悪いとジグがガクンガクンする

レンタルジギングロッド

 ちょっとどう表現すればいいのかが難しいところなのですが、1巡し、次のアクションに移ろうとする時にジグの重みをガクンと感じる、またはスカっと空振りしてしまうようではアクションとアクションのつなぎがうまくいっていない証拠です。ガクンやスカっとならないようにスムーズに流れるようにアクションを繋げていきたいところです。

 実際に釣りに行ってやってみると分かるのですが、流れもあれば、波もありますので、これがまた意外と難しいものです。慣れてしまえば多少の調節は体が覚えていくようになりますが、それでも悪状況になればなるほどスロージギングは難しくなると実感すると思います。もし、状況が悪いのであれば、通常のハイピッチのジギングの方が良い場合も多くなります。スロージギングは有力な釣りではありますが、絶対ではないということも覚えておいてください。

↑ PAGE TOP