スロージギングロッドの長さ

スロージギングロッドの長さについて

ロッドの長さ

 どんな釣りをしたいかでロッドの長さは変わってくるのですが、何も分からないのであれば、6.3ft前後のスロージギング用ロッドを中心に購入すれば良いと思います。何かに特化しているとは言いにくいですが、いろいろな釣りに対してソツなくこなすことができます。

 販売されているスロージギングロッドを眺めていると、5ft後半のものから、最長で8ftのものまであります。長ければ長いことのメリット&デメリットがあり、短ければ短いなりのメリット&デメリットがあります。このページではその辺りのことをサクっと紹介したいと思います。

■長いタイプのスロージギングロッド
 長いタイプのスロージギングロッドは、大抵の場合でロングフォールロングリフトをするためのロッドです。ロッドの長さ=ジグの稼動距離を稼ぐと同義であり、フォールの場合は落としこむ深さを、シャクリ上げの場合は高さを取ることのできるロッドです。

 ただし、その分ロッドの自重が重くなったり、全体的な取り回しが悪くなったりすることもあります。ジギング自体が不慣れなのであれば、あまり長いロッドを選ぶと苦労しやすいような気もします。

■短いタイプのスロージギングロッド
 短いタイプのスロージギングロッドは、ジグの初速を可能な限り速め、逆に止めの際のメリハリが付きやすいです。全体的には短い移動距離になるのですが、上方向に追ってこない魚に対してアピールしやすいです。ロッドの自重も軽くなりやすく、取り回しも良いことがメリットだと思います。

 しかし、ロングフォールやロングリフトのような大きな動きは不得意になってしまいます。ただ、ジギング初心者であれば、どちらかというと短いロッドの方が扱いやすいように思います。

↑ PAGE TOP